佐々木ゼミナール
佐々木ゼミナール


体験記一覧へ戻る

2016年 合格

M君(巣鴨中合格)の合格体験記

6年生の夏のはじめ、僕は初めて佐々木ゼミナールで授業を受けた。その時はまだ、受験を完全に甘くみていた。授業態度や勉強に対する姿勢などのすべての事が最悪だった。
しかし、先生達の熱い言葉の影響で10月ぐらいになると、受験に対する考え方が変わった。それでも、今までのよくない生活の習慣がなかなか直らず、先生に何度も怒られた。まだ、全力で受験に取り組むことができていなかった。
そんな調子だったので、成績もなかなか上がらないまま、過去問を取り組むようになった。
冬期講習も始まり、僕は、朝から夜まで毎日佐々木ゼミナールで頑張るようになった。
クリスマスもお正月も、いつ過ぎたのか感じないまま、1月校の受験日がやってきた。
結果は不合格だった。とても、ショックだった。しかし、まだ2月に受験がある。僕は、「巣鴨には絶対に合格したい」という気持ちだけを持ち、次の日からは朝から夜まで死にもの狂いで受験勉強に挑んだ。時には不安になることもあったが、ここで諦めても何も変わらないと思い集中した。
そして、2月1日。いよいよ巣鴨中学入学試験が始まった。僕は冷静になり、問題文をよく読み、全力で受けました。結果は合格でした。その結果を知り、僕は嬉しさや達成感、先生方や家族への感謝の気持ちが湧き上がりました。この合格発表の日は、僕の運命の分かれ道だと今は思います。不合格からの切り替えが良かったのだと思います。
佐々木先生、猪瀬先生には本当にお世話になりました。ありがとうございました。


ご父母の合格体験記

今年度、巣鴨中学1期への合格をいただくことができました。
算理担当の佐々木先生、国社担当の猪瀬先生の熱意ある細やかなご指導のおかげで、中学受験の厳しさを乗り切り、合格へと導いて頂きました。
息子は、新4年生よりS塾をレギュラーに通塾して参りました。体を動かすことが好きな彼は少年野球チームにも所属しており、両方を完璧にこなすことは想像以上に大変なものでした。S塾では、(校舎にもよりますが)Cクラスに一度在籍していた他は、A・Bクラスを上がったり下がったりの3年間。佐々木ゼミナールは、姉がお世話になっていたこともあり、魔法のような解説と親が常に隣でノートをとることで、復習と疑問の解決が大変スムーズ。この授業形式は、大手塾にはない個人塾の良さでした。
6年生の夏期講習よりS塾で解ききれなかった算数・理科の解説を補っていただきながら、佐々木ゼミナールの授業が始まり、9月以降S塾ではSS特訓のみを受講して、常に疑問を残さない体制でサポートしていただきました。
しかし、何が根本原因なのか、志望校合判テスト・組み分けテストになると、なかなか点に結びつかず時間だけが過ぎて行き、志望校の過去問対策も始まっていました。この過去問分類教材は、佐々木先生のオリジナルで、過去20年分を遡った分野別問題集なので、とても効率よく対策ができました。
息子の過去問は、全寮制のH中学に向けた取り組みが中心となっていました。授業を深めていく中で、先生は息子の性格を知り、問題文をよく読んでいない、知っている知識をやたらにつなぎ合わせ、聞かれていることに答えられていない・・・など少しずつ成績の伸び悩む原因を突き止めてくださいました。横でノートをとりながら、私は時に絶望し、心が折れました。しかし前を向いて歩むしかないと思いました。
冬休み以降は、家では勉強が捗らず、集中できる環境の佐々木ゼミナールへ毎日通い、朝から夜まで10時間程自習しました。最後の最後まで、合判テストの合格率も偏差値も‘これならいけそうだ“と確固たる自信を持つことはありませんでした。しかし、少しだけ希望が見え始めました。1月校受験の直前、基礎基本の算数・理科の知識問題をさくさく解き始めのです。佐々木先生もいいところまできている・・という実感を初めて抱いてくださいました。1月8日の受験日。最高のコンディションで挑んだはずのH中学は、まさかの不合格。あこがれていた学校への入学が叶わないと肩を落としました。しかし息子は翌日から想像以上の速さで気持ちを切り替えて、巣鴨の過去問に取り組みました。不合格は不合格。野球の試合でも負けは負けなのです。そのことを知っている息子は、巣鴨の試験に向かって短期決戦で挑みました。
不合格の発表から2月1日まで20日間。そこからが本当の闘いでした。
佐々木ゼミナールへ毎日行く。基礎トレ・漢字の書き取り。理社のコアプラス。過去15年分の過去問。その取り組みを毎日毎日ひたすら繰り返しました。
最初から最後まで先生方に言われ続けたことでは、文章をよく読む!勝手な思い込みはしない!(でも、してしまう)先を急がない!考える!受験当日まで、心配し続けた20日間でした。試験終了後、会場から出てきた息子の表情は不安気でした。
その日の夕方、合格の吉報を聞いた息子は涙ぐんでいました。本当に信じられない思いが先立つ嬉しい合格でした。
合格までの道のりは、なかなか偏差値の届かない厳しいものでしたが、諸先生方が最後まで細やかな指導をして下さり、合格まで導いてくださいました。「合格への最大の要因は、毎日、毎日の朝から夜までの教室での本人の頑張り」と佐々木先生におっしゃっていただきました。佐々木ゼミナールで身に付けた学習の習慣を中学入学後も維持し、充実した学校生活を過ごしてほしいと思います。本当に感謝いたしております。ありがとうございました。